日本女性薬剤師会とは

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 日本女性薬剤師会とは

日本女性薬剤師会とは

薬学や薬業の成長、発展を目指し幾つかの薬剤師会があります。日本薬剤師会や都道府県薬剤師会などです。その一つに、女性薬剤師のレベルアップやスキルアップを目指して設置された日本女性薬剤師会があります。

薬剤師資格を取得して病院、調剤薬局、ドラックストアなどで活躍している薬剤師の約7割は女性薬剤師という調査結果があります。医療系の仕事の中で女性が多く活躍できる職業が薬剤師です。働き口が複数ある事や、医師や看護師に比べて体力的にも精神的にも負担が比較的軽いのが人気を集めている理由にあります。

1966年より日本女子薬剤師会が設置されましたが、2008年から現在の一般社団法人日本女性薬剤師会として活動しています。会員薬剤師が相互に連携し、社会的地位の向上、国民の保険、医療、福祉の向上を目的として設置されています。現在は全国28都道府県に女性薬剤師会があり、約13,000人の会員がいます。今後の日本医療の課題ともいわれている在宅医療や高齢者医療への対応、子育てや介護などとの両立を目指す女性薬剤師の支援にも積極的に取り組んでいます。

薬剤師会の会員になることで様々なメリットもあります。定期的に女性薬剤師会が開催している講習会や研修会に参加する機会があるため、通常の勤務では会うことのない色々な背景をもつ女性薬剤師と知り合いになる機会があります。仕事の事やプライベートの事でも自分と同じような問題を抱えている薬剤師同士、励まし合い意見交換することができます。

また女性薬剤師会が定期的に開催する研修会に参加することは交流の場となるだけではなく、薬剤師として最新の医学や薬学知識を取り入れることができます。常に新しい薬の開発や研究はすすんでいます。そうした最新の薬学知識を自分個人で勉強し理解するのは簡単なことではありません。そのため薬剤師会に登録し、薬剤師としての知識を深めスキルアップを目指すことができます。

日本女性薬剤師会では薬剤師継続学習通信教育講座が開設されています。在宅医療や緩和ケア、セルフメディケーションなどに関わる医薬品の取り扱いや薬剤師の役割などを継続的に学習していくことができます。通信教育講座を受講し毎年取得できる単位を利用して認定薬剤師の資格を取得することも可能です。

スキルアップを目指す女性薬剤師にとっても、家事や育児との両立に奮闘している主婦薬剤師にとっても役立つ情報や知識が日本女性薬剤師会に登録することで得ることができます。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.