女性薬剤師が大学病院に転職するには

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 女性薬剤師が大学病院に転職するには

女性薬剤師が大学病院に転職するには

大学病院の薬剤師として働きたい女性薬剤師が増えています。身分は大学職員として保障されますし、高度先進医療で使用する医薬品を取り扱うことができます。また、緩和ケアも充実しているので薬で痛みを取り除くことなども行います、一般的な調剤現場ではあまり取り扱うことができない医薬品を知ることができるので、女性薬剤師が職歴やスキルを高めるには申し分ない場所だと言えるでしょう。

大学病院の薬剤師として働くメリットとしては、雇用がしっかりしていることがあげられます。病院では有期雇用だとしても更新できる場合もありますし、薬学部や医学部で仕事ができる可能性が残されています。また、社会保険や、労働保険関係の締結も丁寧になされますので、安心して働くことができます。大学病院で働く場合、調剤業務が主な仕事とされていますが、研究室の仕事に携わることもあります。また自分自身が思い描いた仕事とは異なる分野の業務に携わる可能性もありますので、面接時にはしっかり仕事内容に関して確認をしましょう。

大学病院で薬剤師として転職したいという場合、希望する大学病院の公式HPなどでアナウンスしている場合があります。県外の大学病院で働きたい、希望する大学があるという場合は、公式HPなどで逐一チェックして募集要項などを調べましょう。また、薬剤師専門の転職エージェントに無料会員登録されることも一案です。大学病院の薬剤師募集の場合、秘密で行われる治験や研究の係員として有資格者が求められることもあります。調剤業務とは毛色が異なる仕事ですが、これからの医療業界を変えるかもしれない薬の開発に携わることができるので、やりがいを感じることでしょう。

薬剤師専門の転職エージェントでも大学病院の薬剤師求人を取り扱っていることがあります。研究室単位でもとめている場合もありますので、転職エージェントに調剤経験者を求める依頼を行うこともあります。転職希望者としての条件に合致すれば、よい条件で入職することができるでしょう。薬剤師専門の転職エージェントの会員登録は無料です。インターネット上で必要事項を入力し、送信するだけの簡単ステップで登録が完了します。

「大学病院等の権威ある場所へ転職が決まった場合、転職エージェントへ成功報酬を支払う必要があるのでは?」と不安に思う方も少なくなりません。転職エージェントは登録からすべてのサービスを利用するまで一切無料です。転職先が決まった時も成功報酬の請求はありません。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.