独身の女性薬剤師にピッタリの職場は?

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 独身の女性薬剤師にピッタリの職場は?

独身の女性薬剤師にピッタリの職場は?

独身世代の女性は、6年制となった大学を卒業し薬剤師として独り立ちし、何らかの仕事に就き生活が回り始めたころと重なります。仕事を数年間続け、面白いと感じるようになった半面、「ここでこのまま仕事を続けていて、いいのかな?」と立ち止まってしまうこともあるようです。私生活が充実していれば、結婚を意識する頃かもしれませんね。

独身世代の女性薬剤師にピッタリの職場は多岐にわたります。調剤の分野であれば、病院で働く薬剤師や調剤薬局で働く仕事があります。フルタイムで働くことができますし、調剤薬局の場合日曜日はもちろんのこと、平日の仕事が休みということがありますので自分の時間に余裕を持つことができます。

また、「もっと働ける」と考える場合は、大学病院や製薬会社等への就職も一案です。特に、製薬会社では新薬開発のためのプロジェクトに参加できるチャンスがあります。大学病院などと連携して治験に携わることもありますので、調剤以外の場で仕事の幅が広がります。人とコミュニケーションを取りながら適切な医薬品を届けたいと考える場合は、ドラッグストアに常駐する薬剤師の仕事がピッタリです。販売の仕事以外に品出し作業や在庫管理等の仕事もあります。薬剤師という資格を活かして、いろんなことを広く経験したいという方におすすめです。

病院勤務の薬剤師の場合、外来・病棟様々な場所に薬剤師を配置することがあります。病院によっては、薬剤師外来を設置し、処方された薬に関する話を聞き取ったり、これまでの既往症に対する処方薬を飲んでの効果に関する話の聞き取りを行います。このお仕事も独身の女性薬剤師がどんどん活躍できるフィールドと言えます。

独身の女性薬剤師が、しっかり働けてキャリアアップを目指せる職場を探す場合、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントに在籍するコンサルタントに相談をすることで「働きがいのある職場へ勤めたい」「もう少し収入が欲しい」「男性にも負けない地位を築きたい」等、薬剤師が持つヴィジョンをかなえる職場を紹介してくれます。独身女性には将来的に起こりうるライフイベントである「結婚・妊娠・出産・介護」等があり、ライフイベントごとに仕事を続けるかどうかの分岐点があります。これらを踏まえて無理なく続けられる仕事を厳選して提示してくれるので、働き方を大きく変えることなく仕事ができる希望もかなえられることでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.