女性薬剤師に向いている性格は?

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 女性薬剤師に向いている性格は?

女性薬剤師に向いている性格は?

どんな職業にも向き不向きがあります。同じように薬剤師にも向いている性格と不向きな性格があります。将来の安定性がある、結婚後もパート薬剤師として働ける職場が多くあるということから、女性にも人気がある職業ですがしっかりと自分の性格を知って長く続けられる職業かどうかを判断することも必要です。

まず几帳面であることが求められます。病院や調剤薬局などで働く場合、基本業務は調剤・製剤業務です。患者さんが持ってくる処方箋の通りに薬を処方していきます。薬の種類は多い薬局で1,000種類以上、小規模薬局でも500種類以上はあります。薬剤師にはそれらの薬の名前や賞味期限などを全て覚えることが求められます。常に自分の周りや仕事環境を整理整頓しておかなければ、効率良く仕事をこなしていくことはできません。

また正確さがとても大切です。薬の調剤ミスは薬剤師にとって致命的な失敗になります。薬の中には少しの誤差で命に関わる場合もあります。ミリ単位での調剤がほとんどのため、大雑把な性格の女性は薬剤師に向いていないかもしれません。調剤業務などでは「こんな感じかな」という考え方では務まりません。

病院や調剤薬局だけではなく、ドラックストアで働く女性薬剤師は非常に多いです。どの職場でも共通している点ですが、薬剤師にもコミュニケーション能力、社交性が求められます。ドラックストアなどで接客する機会が多い薬剤師は特にそうですが、お客さんや患者さんが何を必要としているのかを理解し、相手の状況に自分を置いて対応することが必要とされています。患者さんたちだけではなく、医師や看護師、一緒に働いている同僚の薬剤師とも上手にコミュニケーションがとれなければ円滑に仕事を進めていくことが難しくなります。

薬剤師の国家資格を取得したとしても、それで薬剤師としての勉強が終わる訳ではありません。常に新しい薬の研究開発は続き、病院や薬局でも新薬を取り扱うことが増えます。一つ一つの薬がどのような作用、副作用があるのかを学ぶ必要があります。定期的に開催されている薬剤師会などの講習会や研修会に参加することもできますが、勉強が好きではない場合はすぐに取り残されてしまいます。

こうした性格の一面を考えて自分が将来的にも薬剤師として活躍して行けるかを検討してみることができます。性格とはいえ改善することもできます。薬剤師としての仕事にやりがいや誇りを持つ女性であれば、足りない部分や改善点も克服することができるはずです。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.