女性薬剤師が調剤薬局に転職するには

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 女性薬剤師が調剤薬局に転職するには

女性薬剤師が調剤薬局に転職するには

病院勤務の薬剤師として勤務をしていると、病棟や外来を走り回るなどハードワークなのに給料が少ないかも?と悩むことがあるようです。特に医療法人で働く薬剤師がこのような悩みを持つ傾向にあります。仕事をする人数が少ないため、ハードワークで体を壊してしまった、ヒヤリハットの事案につながるミスをしそうになったという声も上がっています。待遇や環境の向上を求めて転職を考える方も増えているようです。

このところ、医薬分業制が浸透して調剤薬局が急増中です。このところでは病院と調剤薬局が対になっていましたが、訪問医療に対応できる調剤薬局の設置が急務となっていますし、ドラッグストアが調剤部門を新設する動きも高まっているため、薬剤師を求める声が急増中です。まだ新卒薬剤師が少ないため、転職や職場復帰を考えている女性薬剤師のニーズが増えているのです。

調剤薬局へ転職することのメリットとしては、男女関係なく仕事ができる魅力があります。特に、向精神薬や医療用麻薬の取扱責任者として籍を置くことで、資格手当を受けることができますし、管理薬剤師として地位の向上を目指すことも可能です。また調剤薬局の営業時間によっては、平日一日・平日午後が休みになりますので、自分の自由な時間を平日に作ることができます。正社員採用もありますが、パートタイムなどの雇用形態を選ぶことも可能なので、子育て中のママ薬剤師にもぴったりです。もちろん、医療機関との連携は絶対ですが、基本的に薬局内だけでの仕事になりますので、病院中を走り回る必要もなくなります。

調剤薬局への転職求人は多く、様々な転職求人サイトで最寄りの地域の求人を見つけることが可能です。できるだけ早く希望する条件に合致する調剤薬局へ転職したいと考える場合は、マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師というような転職エージェントへ無料会員登録することをおすすめします。もっと広い範囲での求人を探したいという場合は、様々な医療系転職エージェントの情報を網羅しているエムスリーキャリアもおすすめです。検索でたくさんの求人を見つけることが可能です。

「これまで、調剤業務に携わったことがないけれど調剤薬局で仕事ができるか」と悩む方もいます。求人の多くは「薬剤師の有資格者であれば調剤業務に就いたことがなくとも可」とすることがほとんどです。キャリアを一から構築するデメリットはありますが、仕事に責任を持つことで、昇給・昇任がかなうことでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.