女性薬剤師特有の悩みについて考える

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 女性薬剤師特有の悩みについて考える

女性薬剤師特有の悩みについて考える

女性薬剤師は年収もよく、やりがいのある仕事内容と考えられています。実際、女性薬剤師の平均月給は約35万円前後、ボーナスなどを合わせた平均年収は約520万円です。決して低い年収ではありません。しかし働いてみると収入面ではなく、薬剤師ならではの色々な悩みがあります。

転職のタイミングを悩む女性薬剤師は多くいます。女性薬剤師は結婚や出産のタイミングで転職する傾向にあります。結婚する時に家の近くなどの便利な職場に転職するべきか、出産時に育児休暇を取得してその後も同じ職場で働くべきかが悩みの種となります。家族や職場の上司とよく相談して決定をしましょう。

また復職を考えているものの、復帰後に仕事を以前のようにこなせるか不安になる女性薬剤師も中にはいます。医学や薬学の世界では日々新たな発見や開発が進んでいるため、出産や育児で数年休職していると復帰したときには知らない事だらけになってしまう可能性もあります。不安な場合には復職後に研修体制がしっかりと整っている薬局や病院を見つけることができます。不足している知識や技術を補って、安心して仕事を再開することができます。

薬剤師資格をフルに活用して正社員として働くか、もしくはパート薬剤師として働き家計を助けるかで悩む場合もあります。それまでは正社員としてバリバリ働いていたものの、結婚や出産のライフスタイルの変化でパート薬剤師として働くことや、休職することを選ぶかもしれません。結婚生活が落ち着いたり、子供が大きくなったことで以前のように正社員として働きたいと考える女性薬剤師も多いです。しかし家事や育児、仕事との両立ができるかも絡んでくるため正社員として働くことを躊躇するようです。家族の理解や協力は不可欠なので、よく話し合って少しずつ仕事量を増やし、両立が可能かどうかを考えてみることができます。

他には、仕事と育児の両立が難しいことに悩む薬剤師や結婚後に働き方を変えなければいけないのか悩む女性薬剤師もいます。

このように、女性薬剤師の悩みの多くは本人のライフスタイルを大きく変化させる結婚や出産、育児に関わる内容であることがわかります。男性薬剤師の場合は結婚をしたとしても、そのまま継続して働き続けることが普通と考えられているため女性薬剤師のような悩みはないでしょう。

家族との相談が求められますが、同じように女性薬剤師本人がどのようなスタイルで仕事を続けたいと考えているのか明確にしておくことも大切です。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.