女性薬剤師がMRに転職するには

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 女性薬剤師がMRに転職するには

女性薬剤師がMRに転職するには

「MR(エム・アール)」とは、medical representativeという言葉の頭文字を取った言葉で、一般的に医薬情報担当者を指しています。MRの仕事は、医療従事者を訪問して医薬品を正しく使ってもらうための医薬品の情報を提供したり、利用状況を聞き取ったりする仕事を行います。主に製薬会社に在籍することが多く、自社製品の医療現場で使われる医薬品の情報を医師や看護師、薬剤師等の医療従事者に提供していきます。そこで、医薬品を処方した患者が治癒快方に向かえたかどうか、副作用のような症状があったかなどを、医療従事者から聞き取ることなども行います。

医療情報担当者という仕事は、別段薬剤師の資格を持っていなくとも仕事を行うことが可能です。文系卒のMRが半数近くいるという統計も出ています。ここで女性薬剤師がMRとして働くことのメリットとしてあげられるのが、コメディカルの立場として、医師や薬剤師とコミュニケーションが取りやすいということです。医療用医薬品に関するエキスパートなので、訴求力がある営業も可能なのです。

デメリットとしては、これまで医薬品を納入してもらう立場だった女性薬剤師が、納品をお願いする立場に変わってしまうため、内情が分かっている分だけ仕事のしにくさを感じることもあるようです。ですが、薬剤師として培ってきた人脈をフルに活かせるため、新たな販路を築ける可能性も秘めています。また、医薬品の商品説明等も薬剤師の立場として医療機関側に行えるため、仕事の幅も広がります。

女性薬剤師がMRに転職したいと考えた場合、どんな製薬会社へ転職したいのか、キャリアプランを兼ねて自分自身のビジョンを描くことが大事でしょう。外資系製薬会社の場合は、相応の語学力(日常会話以上の英語、もしくはドイツ語)が必要になります。TOFULやTOEIC等のスコアを準備しておきましょう。キャリア構築等を設けている製薬会社もありますので、30代前半までの年齢で転職準備をするのが一番です。

なかなか思うように転職活動が進まないと悩む女性薬剤師が多いようです。中途採用のMRの求人は、転職エージェントでも非公開の案件として取り扱っていることがほとんどです。特に大手製薬会社ほど中途採用の条件を狭く、厳しくしているため、条件に合致していなければ紹介を受けられない可能性もあります。転職エージェントに会員登録をしている場合は、キャリアアドバイザーとの面談や電話やメールでの相談を通じて、MRとして働きたいことと、希望する条件を伝えましょう。伝えることで、よりよい転職がかなう可能性が高まります。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.