既婚の女性薬剤師にピッタリの職場は?

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 既婚の女性薬剤師にピッタリの職場は?

既婚の女性薬剤師にピッタリの職場は?

既婚女性の薬剤師の力が大きく求められています。大学の薬剤師養成課程が6年制になり、まだまだ薬剤師の人材は少ない状態です。その状態の中、クリニックの新規開業に伴い調剤薬局がどんどん増える状況にあり、薬剤師の価値がどんどん上がっています。そのため、結婚などで一線を離れた薬剤師資格を取得している既婚女性が多くの職場で求められています。

既婚の女性薬剤師の立場としては、子育てや家事、家族の世話に追われて仕事を考えるまでは至らないという方もいる半面、子育てに一区切りついたのでもう一度何らかの仕事に携わりたいと考える方もいます。薬剤師の仕事に就くか、それ以外の職種に就くかの分かれ道で悩む方もいるようです。

先述のとおり、薬剤師の人材不足のため潜在薬剤師である既婚者の存在がクローズアップされています。働き方の見直しを図って既婚者が使えるわずかな時間を仕事に当てられるよう企業努力が始まっています。パートタイム薬剤師の仕事を設けて、複数名でシフトを組むこと中心となっています。調剤薬局やドラッグストアなので広く用いられるようになり、時間給で働く女性薬剤師が増えています。子どもの急病などに対して融通がきく働き方なので、多くの既婚女性が職場復帰を果たしています。病院薬剤師なども午前中の外来の時間帯だけ働くという選択も可能です。通勤しやすい勤務先を選べば、急な時にすぐ帰宅できる魅力もあります。

地域医療に携わることも可能です。自治体の地域包括センターなどに在籍して、在宅医療を行っている患者の状況を看護師とともに聞き取る仕事や、薬は適切に使われているかなどを確認する仕事などもあります。これも、短時間勤務が可能なので多くの既婚薬剤師が活躍しているフィールドです。総合病院の薬剤師外来などで同様の仕事をすることもあります。直接調剤に携わる仕事ではなくとも、薬学の知識を持つことで、適切な医療がなされているかを見極める仕事が確立しています。

既婚だから時間帯勤務しかできないということではありません。フルタイム勤務の仕事も多岐にわたります。今の自分の状況と職場復帰する際の働き方をよく考えて職探しをしていきましょう。薬剤師求人に特化した転職エージェントでは、薬剤師の資格を持つ既婚女性にピッタリの職場を探すことが可能です。働き方も相談をすることで、柔軟に応じてくれる企業が多いので安心です。転職エージェントへの会員登録は、入力を中心に短時間で終了します。一切無料で利用できるので安心です。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.