女性薬剤師が病院に転職するには

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 女性薬剤師が病院に転職するには

女性薬剤師が病院に転職するには

「もっともっと、働きがいがある薬剤師の仕事をしたい」「患者とのコミュニケーションも大事だけど、医師や看護師との連携を図りながら調剤の仕事をしたい」などと様々な理由から、病院へ転職希望する女性薬剤師もいます。医療法人、公立病院等、病院によって運営形態が異なりますが、収入面に関しても約束されますし、様々な福利厚生が手厚いので仕事のしやすさ以上のメリットを見出すことができます。

子育て世代となると、院内保育室を利用できます。保育園の待機児童となってしまいなかなか働けないという場合、院内保育室がある病院で薬剤師の仕事に就くことで、子どもを預けながら仕事ができます。また職員寮などに入寮できる場合もありますので、シングルマザー薬剤師等が働くフィールドとして安心できる環境だと言えます。薬剤師の場合、土日に出勤することや当直勤務がある場合も考えられますが、ほとんどが日勤オンリーの仕事なので、オンとオフのメリハリがつけやすいと考えられます。

病院の規模によっては、外来患者へ調剤業務と入院患者への調剤の他、手術室で使用する医薬品の準備などを一挙に引き受けることもあるので、ハードワークになることが想像できます。可能であれば面接時に薬剤部等の見学を申し込むのも一案です。

病院で働く薬剤師として薬剤師の求人は、総合病院を中心に出されています。公立病院の場合は、公務員試験や臨時職員募集という形で公告されますので、管轄する自治体からの公告をチェックしましょう。大学病院や医療法人等が薬剤師を募集する場合は、公式HPで募集が出されることがあります。特定の条件を満たす人材を求めている場合は薬剤師専門の転職エージェントを介して募集を行う場合もあります。条件にある程度合致すれば、転職希望者に病院側からオファーが届く可能性もあるので、転職へより大きく前進します。

医療法人で働く女性薬剤師の仕事は思った以上に少ないかもしれません。お住まいの地域にある医療機関の求人が見つからない場合は、薬剤師専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。非公開の求人も多く取り扱っているため、一般の転職情報では見つけることができない薬剤師の求人を見つけることができるかもしれません。なかなか希望する条件での病院薬剤師の求人が見つからない場合でも、転職エージェントのキャリアアドバイザーが医療機関側へ条件に関する交渉を代行してくれることもあります。これらのサービスも成功報酬は一切発生しませんので、安心してエージェントを利用してください。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.