女性薬剤師がドラッグストアに転職するには

女性薬剤師TOP >> 基礎知識 >> 女性薬剤師がドラッグストアに転職するには

女性薬剤師がドラッグストアに転職するには

調剤薬局や製薬会社に勤めていた女性薬剤師が何らかの理由でドラッグストアに転職を考えるようになる場面があるようです。一番の大きな理由は結婚や妊娠等のライフイベントによって、生活ががらりと変わってしまうことがあげられます。配偶者とともに生活をするようになって、自分中心、仕事一辺倒の生活が成立しなくなったということなどがあるようです。また、妊娠や出産を経て、フルタイムの働き方ができなくなったということがあります。仕事もしたいけれど、子育てにも携わりたいという考えにも変わってくるようです。

ここで、ドラッグストアを転職先として考える女性薬剤師が増えている背景としては、「正社員・パート等働き方の選択ができることにあります。また、調剤薬局などと異なり、安定した求人があるので入社しやすいという考えを持っている方もいます。先に行われた薬事法の改正で、ドラッグストア・薬局で市販される第一類医薬品は薬剤師がいないと販売できなくなりました。そのため、薬剤師のニーズが高まっているのです。

ドラッグストアのサービスとして、夜21時ころまでの営業を行ったり、調剤部門を開設したりと薬剤師がしっかり働けるフィールドがどんどん開けてきています。チェーン展開があるドラッグストアでは、どんどん新規店舗オープンの動きが出ているので、現地で働ける薬剤師の存在が多くもとめられています。資格職なので、オープニングスタッフとして正社員待遇で入社すると収入UPがかなうチャンスにもつながります。

女性薬剤師がドラッグストアへ転職を考える時には、働き方に関して自分の考えを明確にしておく必要があります。正社員かパート、フルタイム勤務か時間給勤務か、勤務条件に関する希望は必ず提示します。また、勤務待遇に関わらず「転勤はできるか」に関しても考えておく必要があります。近隣エリアまでであれば転勤可能、現地のみ(転勤は希望しない)、等を事前に伝えることが大切です。

ドラッグストアの転職情報は、たくさんの求人サイトで見つけることができますが、薬剤師専門の転職エージェントを利用することで、より待遇条件に恵まれた転職ができる可能性が高まります。転職エージェントを利用するときは、わがままばかりの条件を伝えてもかまいません。すべてが通るとは限りませんが、それをできるだけかなえられる転職情報を用意してもらえる可能性があります。また適性や職歴に応じて、働き方の相談に応じてくれることもあります。サービスはすべて無料なので、どんどん利用していきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 女性薬剤師の転職ランキング All Rights Reserved.